予後を考えた治療計画


歯科治療は、今悪いところを治せば、それで完璧になるとは限りません。これからも死ぬまで歯を健康に保つ必要がありますし、そのためには治療をしてからの予後も考えることが重要なのです。歯科治療をしたことによって、後々、不都合が出てくることもあります。あるいは、治療した部分が再び悪くなってしまうこともあるでしょう。長期的な診断による治療をできる歯医者が、患者の歯を健康に長持ちさせられるのです。

予後まで考えた長期的な診断による治療が、非戦略的になってしまうのは惜しいところです。理想的なのは、長い目で見た戦略的な治療です。また、患者の要望を聞きながら治療計画を立ててくれる歯医者であることも重要です。抜歯ひとつにしても、予後や他の歯科で治療を受けたときのことを考えてくれる歯医者なら頼りになります。

予後まで見越した歯科治療を行うためには、歯医者も医療技術の進化についていくだけでなく、より良いものを選択導入し続けていることが大切です。幸いなことに、昨今ではWEBサイトにて、歯医者のプロフィールやコンセプトなどをチェックすることができます。良い歯医者を探すときには、学会や講習会などに積極的に参加しているかどうかも指標のひとつとなります。