歯医者選びのポイント


歯の悩みは、人それぞれに違います。虫歯や歯周病、親知らず、インプラントなど、必要な治療によって歯医者を選ぶ人も増えてきました。というのも、歯医者にも個別に得意な技術があり、治療への姿勢が異なるためです。どのような歯医者に通えば最適な治療をしてもらえるのか、歯医者選びのポイントを押さえておきましょう。

予備知識を持って、歯科治療を受ける人は滅多にいません。大抵の人が、歯医者に説明されるままに、何となく納得して、あるいは他になす術もなく提案された歯科治療を受けています。もちろん昨今では、インフォームドコンセントが重視されていますが、よりわかりやすい説明をしてくれる歯医者のほうが信頼できます。

予後を考えた歯科治療を行ってくれる点も、良い歯医者の条件です。今悪いところだけを治して終わりではなく、長期的な診断による治療を行うことで、歯が長持ちするかどうかが決まってきます。先を見越した治療ができる歯医者は、学会や講習会などにも積極的に参加しているため、歯医者のWEBサイトなどで事前にプロフィールをチェックしておくことも大切です。

人それぞれに異なる歯の状況や必要な治療について、最適なオーダーメイドの治療を提案してくれるかどうかも良い歯医者を選ぶポイントになります。長い目で見れば、オーダーメイドの治療をしてもらうほうが経済的でもあります。トラブルの再発を防ぐためにも、画一的な治療でよいかについて疑問を持ってみることが大切です。ブラッシング指導による、日常生活でのセルフコントロールのサポートをしてくれる歯医者であることも、チェックしてみてください。